東三河スタートアップ推進協議会設立のお知らせ

2021年10月08日ニュース

愛知県のスタートアップ中核支援拠点「STATION Ai」と連携強化へ

武蔵精密工業株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:大塚浩史、以下ムサシ)が会員として参加する「東三河スタートアップ推進協議会」が、2021年10月7日に設立されましたのでお知らせいたします。

東三河スタートアップ協議会は東三河地域でスタートアップ支援に関する様々な活動を行っている企業・大学・行政機関などで構成されており、地域初のスタートアップの創出と地域に適したスタートアップ・エコシステムの形成を目指しています。愛知県が整備を進めているスタートアップ中核支援拠点「STATION Ai」のパートナー拠点と位置づけられ、連携・協力していきます。10月7日には愛知県の大村知事の出席のもと、覚書の締結式が執り行われました。

ムサシでは社会課題の解決に寄与する新規事業の創出に積極的に取り組んでおり、2018年12月には東三河発のイノベーション創出を目指す拠点としてMUSASHi Innovation Lab CLUE(住所:愛知県豊橋市駅前大通一丁目135番地 ココラアベニュー3F)を設立しました。今後もテクノロジーへの情熱とイノベーションを生み出す知恵をあわせて、人と環境が調和した豊かな地球社会の実現への貢献を目指してまいります。

【東三河スタートアップ推進協議会について】
愛知県では、2018年に、スタートアップを起爆剤として、絶え間ないイノベーションを創出させる土壌形成を、新たな産業振興施策として打ち上げ、スタートアップの中核的な支援拠点である「STATION Ai」の整備を進めるとともに、スタートアップなどが生み出されていくスタートアップ・エコシステムの形成を進めています。この愛知県の施策を、東三河地域の産業や経済活力の維持・発展に生かしていくため、本地域におけるスタートアップ・エコシステム形成の機運醸成と新事業の創出・育成に向けた地域支援拠点として「東三河スタートアップ推進協議会」を設立しました。
https://www.eastmikawa-startup.jp/member/

会員企業(2021年10月現在):
東三河広域経済連合会、イノチオホールディングス株式会社、株式会社サイエンス・クリエイト、中部ガス不動産株式会社、武蔵精密工業株式会社、国立大学法人豊橋技術科学大学、東三河広域連合、豊橋市、愛知県(特別会員)

【CLUEについて】
MUSASHi Innovation Lab CLUE(住所:愛知県豊橋市駅前大通一丁目135番地 ココラアベニュー3F、2018年12月設立)は、他の東三河企業や地域の人々など多様な出会いを生むことで地域発のイノベーション創出を目指す拠点です。起業家を生み出すインキュベーションプログラム、事業成長のための仲間や資金の調達を目指すピッチイベントの開催や、産学官連携体制の強化に関する各種活動を行うほか、自由な発想と質の高いディスカッションができる新規事業創造に適した環境を提供しています。
CLUE Web Site:http://www.musashi.co.jp/clue/

【ムサシについて】
武蔵精密工業は四輪/二輪車用向けに、電動化や自動運転を見据えた次世代パワートレインならびにステアリング、シャーシ部品の開発/製造/販売を行っています。また、先端AI技術開発によるインダストリー4.0の推進、幅広い領域でのSDGsの達成貢献に向けたエネルギーソリューション事業、農業、植物バイオ事業など、オープンイノベーションの展開により新事業の創出・拡大にも注力しています。
Musashi Web Site:http://www.musashi.co.jp/