商品責任・品質保証

『品質を通じて信頼と繁栄を生み出す』
『顧客に喜ばれる製品を提供する』
の言葉通り、より良い製品をお客様へ提供するため、
品質保証活動を推進しています。

品質方針

お客様のニーズを的確に捉え、
変化に対し、柔軟にスピーディに対応するグローバルな先進企業体で、
Q(品質)、C(コスト)、D(納期)、世界トップレベルの商品を提供し、お客様の信頼を克ち取る。

品質マネジメントの体制と
未然防止活動、体質改善活動

新機種立ち上げ時の品質保証活動(M-FLO)の概要
新機種立ち上げ時の品質保証活動(M-FLO)の概要

品質マネジメントの体制

ISO/TS16949の要求事項を基にした品質マネジメントシステムを構築し、お客先の要求品質に応えた製品を提供できる体制を構築しています。また海外拠点でもISO/TS16949規格での品質マネジメントシステムの構築を推進し、現在10拠点が取得完了しており2拠点が取得を計画しています。

新機種立ち上げ時の品質保証活動 (M-FLO)

国内外の全製造拠点の新機種開発・立ち上げはM-FLOと呼ぶ 新機種立ち上げの管理フローに基づいて管理しています。この フローに従い、企画から量産までの各段階において、評価会を 実施し、品質、生産能力、コストなどについて評価・判断して います。特に品質については、品質不具合の再発防止・未然防 止対策が十分に検討されているか、各段階において評価・判断 し、品質不具合の発生を防止しています。

QCD体質改善活動(M-QCD)の概要
QCD体質改善活動(M-QCD)の概要

QCD 体質改善活動 (M-QCD)

“ものづくり”の更なる強化に向け、国内外の全製造拠点の体質レベルを品質システム(Q:Quality)、工程管理(C:Cost)、生産システム(D:Delivery)の共通観点で客観的に検証し、強みを高位平準化へつなげると共に、顕在化された弱点を強化していくことで企業体質を向上させる取り組みを行っています。

品質教育

品質教育

当社では、従業員の社内資格や業務内容に応じて、計画的に品質教育を実施しています。全従業員を対象にしたJコース、生産・品質業務に携わる従業員を主な対象にしたFコースについては、当社の従業員だけでなくお取引先からの参加者も募っています。また、Jコースについては昨年度から海外拠点の従業員向けの講習も開始しました。2017年度は、海外拠点のメンバーを含めた品質検定制度を構築し、グローバルで品質要員の能力向上に繋げていきます。

当社で実施している主な品質関連教育

  • ●ISO/TS対応教育:規格理解、内部監査員養成
  • ●品質管理教育:
    •  ・Jコース (Junior Course)
    •  ・Fコース (Foreman Course)
  • ●サークル教育:推進者研修、リーダー研修
  • ●新入社員品質教育:品質基礎、測定器具実習

MMサークル(QCサークル)活動のグローバル展開

MMサークル(QCサークル)活動のグローバル展開

当グループでは小集団活動を通じて創造、拡大、継承を学び、生きがいのある職場作り、職場の活性化、および企業体質の強化を図る目的で、各拠点にて385サークル(3,260名)が業務の継続改善を行っています。活動成果は国内外のお客様主催の成果発表会でも報告を行い、高い評価をいただいています。また、毎年、全世界の各拠点から選抜されたサークルが日本に一堂に会する「MMサークル世界大会」を開催しています。世界大会では参加者同士が互いに改善活動のノウハウを共有するだけでなく、世界中の仲間と交流する機会を持つことでグループとしての団結力を生み、競争力の源泉となっています。

切削方法見直しとからくり活用による生産効率UP (MAP-IN)

切削方法見直しとからくり活用による生産効率UP (MAP-IN)

生産効率の改善が必要になっていたラインに、玩具からヒントを得た「からくり」の導入、切削方法の大幅見直しなどを実施。従来に対し生産効率を大幅に改善することができました。

シェービング工程改善による生産効率UP (MAP-TH)

シェービング工程改善による生産効率UP (MAP-TH)

生産効率の改善が必要になっていたラインに、玩具からヒントを得た「からくり」の導入、切削方法の大幅見直しなどを実施。従来に対し生産効率を大幅に改善することができました。