地球環境への取り組み

事業活動の全体を通じて、
地球温暖化防止・環境負荷低減に貢献するため、
「製品」と「生産活動」の両面から
環境負荷の低減に取り組んでいます。

環境方針

基本理念

当社は、地球環境の保全を重要課題とする社会の一員として、全ての事業活動を通じて、従業員・地域住民の健康の維持と地球環境の保全と汚染の予防に積極的に寄与します。その行動において、先進性を確保し維持する事を目的として、その達成に努めます。

基本方針

当社は、地球社会の企業市民として、以下の環境マネジメント活動を推進致します。

  1. 国内・海外の法令遵守はもとより、同意したその他の要求事項を守る為に自らの責任において環境目標を設定し、その実現に努力する。
    排水、大気、臭気、騒音、振動、廃棄物、有害物質、土壌汚染
  2. 組織の全ての領域において、技術的・経済的に可能な限り、環境負荷を最小化した事業活動を実践し、環境マネジメントシステムの確立及び維持向上並びに継続的改善に取り組む。
  3. エネルギーや資源の有効利用、化学物質の適正管理及び廃棄物の削減と処理に責任ある行動をとる。
  4. 海外に生産拠点を有する当社は、環境保全活動のグローバル展開を行い、広く地球社会の環境保全に責任を持つ。

又、組織で働く全ての人々の環境意識高揚を図るとともに環境に関する社会活動に参画し、地域社会との融和を図ります。
本方針遂行の為、毎期毎に環境目的・目標を定め、法規の要求事項・環境側面・利害関係者の見解等により見直し、再発行をします。
尚、本方針を掲示等の手段により、組織の為に働く全ての人々に周知させます。又、本方針は、一般の方が入手可能とします。

2006年5月1日

環境マネジメントの体制

環境マネジメントを効果的に全社に展開するため、中央環境委員会を中心とした体制を定め、全社横断的に課題・事案を共有、推進しています。

環境マネジメントの体制

環境目標/実績の一覧

2016年度の環境目標・実績一覧

2016年は、下記の領域において目標を設定し、環境改善への取り組みを実施しました。

2016年度の環境目標・実績一覧

<達成度凡例> ◎:達成度105%以上、 ○:達成度95%以上~105%未満、 △:80%以上~95%未満、 ×:80%未満

CO2排出量・原単位の推移
産量廃棄物排出量・原単位の推移

グローバル環境
マネジメント推進の仕組み

グローバルでの環境マネジメントを推進するため、各拠点でISO14001への適合を基盤とした取組みを進めています。
また、各種環境データの定量的な把握、環境負荷低減や省エネ関連の技術・施策の共有等の取り組みを進めています。

グローバル環境マネジメント推進の仕組み

ムサシグループの
環境データ

エネルギー投入量(TJ)エネルギー投入量(TJ)
温室効果ガス排出量※2(1,000ton-CO2)温室効果ガス排出量※2(1,000ton-CO2)
水資源使用量(1,000ton)水資源使用量(1,000ton)
廃棄物等発生量(ton)廃棄物等発生量(ton)
  • Europe
  • South America
  • North America
  • Asia
  • China
  • Japan
  1. 2016年度からはMAP-MX及びMAP-NTを算定対象に追加。HAYグループについては2016年度は算定対象外としています。

  2. 温室効果ガスは主にWRI/WBCSD (2004), “The Greenhouse Gas Protocol (Revised Edition)”を参照し、Scope1、並びにScope2を対象に算出。
    Scope2についてはInternational Energy Agency(2013), “CO2 Emissions From Fuel Combustion Highlights 2013” より2010年の各国の電力の排出係数を用いて算出。

詳しい情報はサステナビリティ
レポートからご覧いただけます。