先輩紹介

精巧な部品に魅せられて。やりがいのある仕事に出会えた。

街中でホンダ車を見かける度に、ちょっとうれしくなる。ムサシ社員なら、そんな経験を持つ人がいるかもしれません。もともと私は車やバイクが大好きで、就職活動では自動車業界、しかもホンダの関連企業を志望していました。それに加えて、生産技術に携われることも条件の一つでした。大学生のとき、修理のために車を分解して内部を見たことがあります。「こんなに複雑な形状の部品を、どうやって製造してるんだろう?」と自分で調べ始めたのですが、知れば知るほど楽しくなって。機械加工に興味がわきましたね。入社後は希望が叶って、生産技術部門に所属。今はPT(パワートレイン)事業部で、左右2つの出力軸に適正な回転差をつけて配分するデファレンシャル部品を担当しています。

PROFILE

高野 裕任 PT事業部 PT事業課

高野 裕任 YUTO TAKANO

2014年入社
工学部 航空システム工学科卒業
三重県出身。シビックが加速するときのエンジン音が好きという、生粋のホンダファン。ホンダ車の普段見えないところに、自分が関わった部品がついていると思うと大きなやりがいと誇りを感じるという。プライベートでは車だけでなく、オフロードバイクを乗りこなす。

自分が手がけた「作品第1号」が、完成したときの喜びが原動力。

ムサシのデファレンシャル部品は、設計→製作→機能評価を自社で行うことによって、世界最高水準を実現しています。私はそれらの工程や使用設備の検討、工程ごとの図面作成、試加工など、図面から形にするまでを担当。製造原価の見積もりやメーカーとの打ち合わせ、加工や検査に必要な器具の設計も行います。そういえばPT事業部に配属されて初めて手がけたのも、製品の寸法を測定する検具の設計でした。設計の経験がなく、最初は記号の意味さえ分かりませんでしたが、CADの操作方法など設計の基本を一から先輩に教わりながら取り組みました。完成したときは本当にうれしかった!ムサシには、たとえ未経験でも、失敗を恐れることなく挑戦できる環境があります。

尊敬できる先輩の姿があるから、若手が育つ。ムサシの力になる。

頼りになる先輩がたくさんいることは、仕事の仕方を現場で「見て盗む」チャンスも多いということ。一度経験したことは、トラブルも含めて頭の中に叩き込むようにしています。どれだけ事前準備を念入りに行っても、予測もしなかった問題が発生します。そんなとき、見て、考えて、時に失敗して、そこから学んだことすべてが、解決のヒントになるものです。最近では、先輩が自分にしてくれたように、後輩に声をかけることも多くなりました。一人ひとりが自分で考え、力をつければ、ムサシの技術力がボトムアップしますよね。だから、今の目標はもっと知識と技術を吸収すること。そして、グローバルに活躍できる技術者となり、人々の生活を支える車の部品を世界中に提供したいですね!

SCHEDULE 1日のスケジュール

  1. 8 : 10

    出社

    まずはメールチェックからスタート!

  2. 9 : 00

    試作

    現場に入り、試作品の加工を行います。

  3. 12 : 30

    昼食

    ランチは、社内の食堂でとります。

  4. 13 : 20

    打ち合わせ

    メーカーと打ち合わせを行い、細かな仕様を決めていきます。

  5. 15 : 00

    デスクワーク

    加工の際に工作物を固定する治具の図面作成、新規ライン立ち上げに関わる帳票などを作成。

  6. 18 : 00

    退社

    日報をまとめた後、帰宅します。

新卒採用情報

キャリア採用情報