先輩紹介

世界に誇る、日本のものづくり。その近くで仕事をしたかった。

化学メーカーに勤めていた父の海外転勤に伴い、ベルギーで2年ほど中学生活を送った経験があります。海外に興味があったことから外国語学部に進学し、北京への短期留学も経験しました。そこで感じたのは、たとえ国同士が対立していても、人対人ならお互いを理解し合えるということ。人が好きという点では、今所属している人事課は私に合っているのかもしれません。でも、本音をいうと、はじめは生産管理部門を希望していたんです。父をはじめ周りに製造業の人が多かったこともあって、文系ではあるものの、ものづくりに携わりたいと強く思っていました。配属が決まったときは驚きましたが、「ありがとう」と言われる機会の多い今の仕事はやりがいがあります。

PROFILE

花岡 真琴 総務部 人事課

花岡 真琴 MAKOTO HANAOKA

2016年入社
外国語学部 中国学科卒業
愛知県出身。車やバイクなどメカ系のルックスに惹かれるという彼女の愛車は、白のスポーツカー。休日には、一人でロングドライブに出かけるなど、オンもオフも社会人生活を満喫している。周りには尊敬できる人がたくさんいて、いい意味で縛りのない自由な社風のムサシが好きだと笑う。

人事の仕事は「社内のサービス業」。間接的に、ものづくりを支える。

就職活動で工場見学にきたとき、直感的に「歯車やギアってかっこいい!」と思ったことを覚えています。その機能美に惹かれると同時に、緻密な製品をつくる人たちへの尊敬と憧れが私の中に芽生えました。今の私は、給与計算や退職金制度の運営、人事評価の集計作業などを通して、ものづくりに携わる人たちを支える立場。社内のサービス業だと自負しているので、迅速かつ確実な対応を心がけています。2日に1回は社員のみなさんから、長期間休む場合に必要な手続きやその間の給料について問い合わせがあるのですが、経験が浅いので即答が難しいときも。次回はもっと素早く回答できるように、毎回必ず問い合わせの記録を残し、対応力を磨いています。

より成長するためのチャンスは自分で見つけることが大切!

転機になったのは、個人情報保護法の改正に伴って、社内規定を改定すべきか検討を行ったこと。大きな仕事を任せてもらえてありがたいと思う一方で、期待に応えなければと身が引き締まる思いでした。検討には法知識が必要だったので、東京で開講された外部研修に参加して法律を勉強。知識を深めることができ、「個人情報保護士」の資格取得という新たな目標もできました。ムサシでは勉強したいという気持ちがあれば、いくらでも成長の機会を与えてくれます。5年から10年先のなりたい姿をイメージすることが大事ですね。私の場合は、労務に関する分野で誰にも負けない専門知識を持っていたい。そして、誰もがイキイキと働ける環境をつくるために、自分から発信していける人になりたいですね。

SCHEDULE 1日のスケジュール

  1. 8 : 10

    出社

    まずはメールチェックからスタート!

  2. 8 : 30

    問い合わせ対応

    社内規定を調べて、できるだけ早く回答します。

  3. 11 : 30

    公示配信準備

    人事移動や入退社などの情報を、12時に全社配信。その準備を行います。

  4. 12 : 05

    昼食

    配信を終えたら、同期や人事課の先輩と一緒にランチ。

  5. 13 : 00

    退職説明書類準備

    定年退職を迎えられる方へ、社内手続きを案内するための書類を準備。

  6. 14 : 00

    資産運用会社と面会

    当社の退職金制度の資産運用会社から、四半期の運用結果を報告してもらいます。

  7. 16 : 00

    給与計算の練習

    テスト用の機器で、給与計算の練習を行います。めざせ、一人立ち!

  8. 18 : 00

    退社

    車で5分ほどの距離にある寮に帰ります。キレイで快適な自慢の寮です。

新卒採用情報

キャリア採用情報