Softwheel Ltd.との資本提携に関するお知らせ

2018年08月21日ニュース

武蔵精密工業株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:大塚浩史、以下ムサシ)は、イスラエルのベンチャー企業で自動車の電動化に向けた先端技術を開発、展開するSoftwheel Ltd.(本社:イスラエル、テルアビブ、CEO: Mr. Daniel Barel、以下Softwheel社)と、資本提携契約を締結し、Softwheel社の実施した第三者割当増資の引き受けを行いました。今後Softwheel社が進める開発に、ムサシも参画し商品化を目指していきます。

 ムサシは、電動化に伴い需要の拡大が期待される減速機の開発を独自に推進している他、新たな商品要件の求められるLinkage &Suspensionの開発もグローバルで展開を拡大させております。一方、Softweel社の進める電動車の新プラットフォームには、ドライブトレイン、サスペンション、電動モーター、ステアリング、及びブレーキを融合させたシステムが搭載され、スペース、重量、消費電力の削減を目指しております。ムサシとの技術的な融合により、その開発を加速させていくと共に、グローバルで各OEMとのコネクションの強化を推進することにより、その商品化を進めていきます。

【Softwheel Ltd.について】
イスラエル、テルアビブに本社を置く、2011年に創立した技術会社です。その先端技術により、電動自動車の居住スペースの拡大と、電費の向上を目指したシステムの開発、商品化を展開しています。
Softwheel 社は、既に車椅子及び自転車向けにホイールインサスペンションを商品化し、特に北米及び欧州においては、FDA並びにCE承認済みの医療器具としてマーケットを拡大展開中です。
Website: http://softwheel.technology/

【ムサシについて】
武蔵精密工業は四輪/二輪車用向けに、デファレンシャル/プラネタリィ/ボールジョイント/カムシャフト等の開発/製造/販売を行っています。二輪車向けトランスミッションは世界シェア約30%と業界トップクラスの占有率を誇ります(ムサシ調べ)。鍛造から組み立てまでの一貫生産体制をグローバルに展開。2016年に買収したドイツの自動車部品メーカー「HAY」各社を「Musashi」の名を付した名称に変更し、さらなる統合の加速、欧州でのムサシブランドの浸透を推進しています。
Website: http://www.musashi.co.jp/