武蔵精密工業、Slack Japan株式会社のプレスリリースにて当社の取り組みが掲載

2018年11月09日ニュース

武蔵精密工業株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:大塚浩史、以下ムサシ)は、継続的な成長を目指した「新たな挑戦」を既存事業の変革と新規事業の創出により推進しています。業務の効率化に向けた取り組みとして、Slack Japan 株式会社(本社:東京都千代田区、カントリー・マネジャー:佐々木聖治氏、以下Slack)が展開するSlackを2018年10月より本社間接部門全社員を対象に導入いたしました。

本取り組みは、Slackのプレスリリースにて紹介されております。

<PR TIMESリリース配信ページ>
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000029764.html


[Slackについて]
Slackは、チームの生産性の最大化を支援し、組織をまたいだオープンでスピーディなコミュニケーションを可能にするビジネスコラボレーションハブです。フォーチュン100企業からスタートアップまで世界中の様々な企業において、より優れた働き方を実現するために活用されています。Slack を開発する Slack Technologies, Inc は「みなさんのビジネスライフを、よりシンプルに・より快適に・より有意義に」というミッションのもと、サンフランシスコ本社と世界9都市のオフィスを拠点にサービスを展開しています。
Slack HP: https://slack.com/

[ムサシについて]
武蔵精密工業は四輪/二輪車用向けに、デファレンシャル/プラネタリィ/ボールジョイント/
カムシャフト等の開発/製造/販売を行っています。二輪車向けトランスミッションは世界シェア約30%と業界トップクラスの占有率を誇ります(ムサシ調べ)。鍛造から組み立てまでの一貫生産体制をグローバルに展開。2016年にグループ化したドイツの自動車部品メーカー「HAY」各社を「Musashi」の名を付した名称に変更し、さらなる統合の加速、欧州でのムサシブランド浸透を推進しています。
ムサシ HP:
http://www.musashi.co.jp/