REEとの共同発表に関するお知らせ

2019年09月12日ニュース

 武蔵精密工業株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:大塚浩史、以下ムサシ)は、ドイツ・フランクフルトで開催中の「第68回フランクフルトモーターショー(IAA2019)」において、資本提携先かつ戦略的パートナーであるREE(Softwheel)と共同で電気自動車向けの平床プラットフォームを実現する駆動モジュールの発表を行いました。

 同プラットフォームは、以前は車のボンネットの下にあった全てのコンポーネントをホイールに統合することにより設計の自由度の向上や、居住空間の最大化、単一のプラットフォームでの複数のボディ構成、車両のサイズと重量の削減、エネルギーと運用効率の向上を実現します。

 また、モーターやステアリング、サスペンション、ブレーキ、熱システム、および電子機器を戦略的にホイールに配置してプラットフォームをフラット化することで車体が低重心化し、車両の敏捷性や安定性にも寄与します。

 ムサシは今後も戦略的パートナーであるREEと共同で電気自動車の未来の基盤を構築することを目指して参ります。同プラットフォームはIAA期間中ムサシブースに展示しております。会場までお越しの際はぜひお立ち寄りください。

【ムサシについて】
武蔵精密工業は四輪/二輪車用向けに、デファレンシャル/トランスミッションギヤ/プラネタリィ/ボールジョイント/カムシャフト等の開発/製造/販売を行っています。二輪車向けトランスミッションは世界シェア約30%と業界トップクラスの占有率を誇ります(ムサシ調べ)。鍛造から組み立てまでの一貫生産体制をグローバルに展開。「人にはもっと人らしい仕事を」を理念に、AIを製造現場に実装し、ものづくりのイノベーションにも取り組んでいます。
Website::http://www.musashi.co.jp/