株式会社アグリトリオ設立のお知らせ

2020年04月15日ニュース

 武蔵精密工業株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:大塚浩史、以下ムサシ)の新規事業プロジェクトアグリトリオはこのたび、株式会社アグリトリオ(本社:愛知県豊橋市、代表:石川浩之)として法人化いたしましたのでお知らせします。

 ムサシは既存事業の延長線上には無い、次世代を担う新たな事業を立ち上げることを目的として2017年に社内公募型スタートアップである新規事業創出プロジェクト「Musashi Innovator’s Gate 2017」を実施しました。ここから誕生したアグリトリオは、「地域に根差したワクワクする生活を提供する」をミッションに掲げ、ムサシが製造業で築き上げた生産作業のマニュアル化技術を活用し、農家の方が持つノウハウをマニュアル化することで未経験の方と共有し、就業につなげるサービスを展開しています。アグリトリオでは、今回の株式会社化により事業展開を加速させるともに、サーキュラーエコノミーを通じた持続可能な社会の実現を目指してまいります。

 また、東三河地域に本社を置くムサシは、地元地域の人口減少、農業就業者の減少といった社会課題の解決に貢献したいと考えています。アグリトリオや、出資と経営参画を行っているWaphyto、電動スマートトラクターを開発する Monarch 等をはじめとした社内外のネットワークも活用し、新しい東三河ブランド事業の成功と地域社会の活性化に貢献していきます。

【ムサシについて】
武蔵精密工業は四輪/二輪車用向けに、デファレンシャル/トランスミッションギヤ/プラネタリィ/ボールジョイント/カムシャフト等の開発/製造/販売を行っています。二輪車向けトランスミッションは世界シェア約30%と業界トップクラスの占有率を誇ります(ムサシ調べ)。電動、自動運転といった次世代自動車向けパワートレイン、サスペンション、ステアリング等の商品展開を進める一方、先端AI技術開発によるインダストリー4.0の推進、SDGsの幅広い領域での達成貢献に向けたオープンイノベーション展開等、広く新事業の創出・拡大にも注力しています。

【アグリトリオについて】
武蔵精密工業の新規事業創出プロジェクト「Musashi Innovator’s Gate 2017」により誕生し、弊社社員の石川浩之と小林勇太が共同で事業化。働きたい個人と人手不足に悩む農家のニーズをマッチングするプラットフォームを運営し、地域活性化をはじめとする社会課題の解決を目指しています。
アグリトリオホームページ:https://agritrio.co.jp/