全日本ロードレース選手権初戦、名越哲平優勝!

2019年04月08日ニュース

 2019年4月6日(土)、7日(日)、全日本ロード選手権今季初戦となる「スーパーバイクレース in もてぎ」決勝が開催されました。
 武蔵精密工業株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:大塚浩史、以下ムサシ)がスポンサードするMuSASHi RT HARC-PRO. Honda から水野涼選手(JSB1000クラス)、MuSASHi RT HARC-PRO. から名越哲平選手(J-GP2クラス)が参戦し、水野涼選手はRace1、2ともに6位で完走、名越哲平選手は優勝を果たしました。
 MuSASHi RT HARC-PRO.に、引き続き応援をよろしくお願いいたします。

 ムサシはこれからも、モータースポーツ支援を通じた2輪開発技術の向上と、人材育成 (※) に力を注いでまいります。 

※ モータースポーツ支援を通じた人材育成
HARC-PRO.による次世代ライダー育成プロジェクト 「 MuSASHi RT HARC-PRO.スカラシップ」を支援しています。元世界チャンピオン/元日本チャンピオンが講師として参加する類例のないプログラムです。
ムサシ モータースポーツサイト http://634.musashi.co.jp/

<お問合せ> 武蔵精密工業株式会社 サステナビリティグループ TEL : 0532-25-1101

ムサシについて】
武蔵精密工業は四輪/二輪車用向けに、デファレンシャル/トランスミッションギヤ/プラネタリィ/ボールジョイント/カムシャフト等の開発/製造/販売を行っています。二輪車向けトランスミッションは世界シェア約30%と業界トップクラスの占有率を誇ります(ムサシ調べ)。鍛造から組み立てまでの一貫生産体制をグローバルに展開。「人にはもっと人らしい仕事を」を理念に、AIを製造現場に実装し、ものづくりのイノベーションにも取り組んでいます。