武蔵精密工業、豊橋商工会議所にて地域企業家支援セミナーに登壇

2018年09月03日ニュース

武蔵精密工業株式会社(本社:豊橋市/代表取締役社長:大塚浩史、以下ムサシ)は、新たな経済活動の創出に向け、将来の地域産業を牽引していく起業家の養成を目指したセミナー「地域起業家支援セミナー」(9月11日 14:00~16:00 於 豊橋商工会議所)にて、ムサシが取り組む社内ベンチャー創出とオープンイノベーションラボについて講演いたします。

ムサシでは、分野を超えた人・テクノロジーの出会いで社会課題を解決する事業を生み出すことを目指し、豊橋駅前にMusashi Innovation Lab(仮称)を開設いたします。活動内容の詳細につきましては追ってリリースいたしますのでご期待下さい。

当社発表内容:
15:20~15:50〈武蔵精密が取り組む社内ベンチャー創出とオープンイノベーションラボ〉
発表者:武蔵精密工業株式会社 上席執行役員 伊作猛
主催:国立大学法人 豊橋技術科学大学、Tongaliプロジェクト
詳細は右のPDFをご確認下さい。

[ムサシについて]
武蔵精密工業は四輪/二輪車用向けに、デファレンシャル/プラネタリィ/ボールジョイント/
カムシャフト等の開発/製造/販売を行っています。二輪車向けトランスミッションは世界シェア約30%と業界トップクラスの占有率を誇ります(ムサシ調べ)。鍛造から組み立てまでの一貫生産体制をグローバルに展開。2016年にグループ化したドイツの自動車部品メーカー「HAY」各社を「Musashi」の名を付した名称に変更し、さらなる統合の加速、欧州でのムサシブランド浸透を推進しています。
ムサシ HP:
http://www.musashi.co.jp/