Musashi AI、634AI、鈴与の3社、 物流センターへのAMR(自律走行搬送ロボット)の導入で協業

2021年08月18日ニュース

武蔵精密工業株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:大塚浩史、以下ムサシ)のグループ会社であるMusashi AI株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役CEO:村田宗太、以下Musashi AI)は、同じくムサシのグループ会社で産業オートメーション管理ソフトウェア「MAESTRO」を開発する634 AI Ltd.(本社:イスラエル、CEO:Onn Fenig、以下634AI)と提携し、3PL大手の鈴与株式会社(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:鈴木健一郎、以下鈴与)においてAMR(Autonomous Mobile Robot=自律走行搬送ロボット)のPoC(システム導入に向けた実証実験)に成功しました。

PoCは、鈴与の新静岡物流センターで行われました。634AIが開発したプラットフォームに依存しない物流自動化のためのコントロールタワーMAESTROとMusashi AIのAMRのテストを実施し、AMRは施設内のパレットを自律的かつ効率的にスムーズに移動することに成功しました。

Musashi AI、634AI、鈴与の3社では、今回のPoC成功を受けて634AIのMAESTROとMusashi AIのAMRを鈴与の日本国内の物流センターに導入するためのスケールアップの協議を行っています。

Musashi AIと634AIは2019年半ばから提携しており、イスラエルの最先端のAIおよびコンピュータビジョンのソフトウェア技術と、日本の世界的に有名なハードウェアエンジニアリングおよび産業の専門知識のユニークな組み合わせを活用して、実用的で最先端のソリューションを日本市場に提供しています。Musashi AIはAI外観検査をコア事業、634AIはAMRに関するソフトウェア開発をコア事業としており、連携のうえ研究開発や事業化のスピードをより一層高めてまいります。

Musashi AI代表取締役CEO 村田宗太コメント
「当社独自のAMRは、634AIのMAESTROと完全に互換性があり、当社のブランドスローガンである『HUMAN JOBS FOR HUMAN』を達成するための実用的なソリューションの一例です。世界的に労働力が不足しているほか、今回のコロナ禍のようなパンデミック後において、自律型物流はレジリエンスと事業継続性の向上を望む多くの企業にとって現実的なソリューションとなります。」

634AI CEO Onn Fenigコメント
「グローバルな大手物流企業である鈴与と協業して、我々のMAESTROソフトウェアシステムの大きなメリットを紹介できることを光栄に思います。今回のPoCでは、MAESTROソフトウェアのユニークな機能を紹介するとともに、安全で効果的なフロアオペレーションを促進するための洞察に満ちた情報を提供し、屋内の物流を指揮することができました。鈴与が当社のMAESTROとAMRを日本全国の施設への採用を検討していることを、私たちは謙虚に誇りに思っています。」

鈴与株式会社 ロジスティクス事業本部 3PL事業推進室 川島賢室長コメント
「私たちは、物流センターにおける安全と品質、生産性を高め、お客様に高いレベルの物流サービスを提供することを常に考えています。MAESTROは、人間とロボットが高度なハイブリッド環境で協働することを可能にし、AMRを管理するユニークな能力を提供してくれると信じています。Musashi AIと634AIは、世界の物流ネットワークをこれまで以上に効率的に機能させる力を持っています。今後も両社とのコラボレーションを楽しみにしています。」

【鈴与株式会社について】
鈴与は、1801年に創業し、2021年10月に220周年を迎える総合物流会社です。創業の地である静岡・清水を中心に、国内約140拠点、海外200以上の国と地域で事業を展開しています。サービスクオリティで日本一の物流会社を目指し、お客様の持つ様々な物流ニーズにお応えし、最適な物流サービスを提供してまいります。
鈴与㈱: https://www.suzuyo.co.jp

【Musashi AIについて】
武蔵精密工業は、AIの技術開発や製造現場への実装、グローバル展開を加速するため、イスラエルの技術パイオニアでPoliakine Innovationの設立者であるRan Poliakine氏が代表を務めるSixAI Ltd.と合弁で、Musashi AI株式会社を2019年7月に設立いたしました。イノベーションに向けて同じ想いを共有するリーダーたちと協働し、Industry 4.0に関する新たなエコシステムを構築してまいります。
Musashi AI Web Site: https://musashi-ai.com

【634AIについて】
634AIは、より安全でスマートな屋内モビリティを実現するために設立されました。634AIが開発したMAESTROは、現場のモバイルタスクの管理を効率化するための中央管制塔です。商品の移動を追跡したり、フォークリフトの安全性をリアルタイムに警告したり、自律型ロボットプラットフォームのフリートをナビゲートして管理したりと、あらゆるモバイルを完全に協調して操作することを可能にします。634AIは生産現場や空港ターミナル、倉庫、病院など、あらゆる屋内作業を自律的に行うことをミッションとしています。
634AI website: http://www.634.AI

【ムサシについて】
武蔵精密工業は四輪/二輪車用向けに、デファレンシャル/トランスミッションギヤ/プラネタリィ/ボールジョイント/カムシャフト等の開発/製造/販売を行っています。二輪車向けトランスミッションは世界シェア約30%と業界トップクラスの占有率を誇ります(ムサシ調べ)。電動、自動運転といった次世代自動車向けパワートレイン、サスペンション、ステアリング等の商品展開を進める一方、先端AI技術開発によるインダストリー4.0の推進、SDGsの幅広い領域での達成貢献に向けたオープンイノベーション展開等、広く新事業の創出・拡大にも注力しています。
Musashi Web Site: http://www.musashi.co.jp/