Monarch Tractor、世界初の電動・自動運転スマートトラクターをローンチ

2020年12月18日ニュース

武蔵精密工業株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:大塚浩史 以下ムサシ)の協業・出資先であるMonarch Tractor(本社:米国カリフォルニア州、CEO: Mr. Praveen Penmetsa)ではこのたび、世界初となる電動・自動運転スマートトラクターをローンチいたしましたのでお知らせいたします。ムサシは Monarch Tractor のリードインベスターとして、 パワートレイン領域、 AI 自動制 御領域ならびに蓄電・給電システム領域でのシナジー創出を目指しております。

Monarch Tractor CEO Praveen Penmetsa氏 コメント
「Monarch Tractorは、前例のないインテリジェンス・テクノロジーや安全機能により農業のデジタルトランスフォーメーションをリードしています。我々は今日の農業に対する様々な要求を満たすため先端の農家・エンジニア・科学者の力を結集するとともに、予測データの収集やサステナビリティを実装する知的ツールの提供により農家を後押しいたします。2021年秋の販売開始に向けて、すでに100件を超える農家から予約をいただいており、農作業における新たなレベルの効率性と持続可能性を手元に届けることを楽しみにしています。」

Monarch Tractorや技術情報の詳細はWebサイト(https://www.monarchtractor.com/)よりご確認ください。また、電動・自動運転スマートトラクターが実際に動く様子は動画でもご覧いただけます。(https://www.youtube.com/watch?v=xcpi4vR-_44

【ムサシについて】
武蔵精密工業は四輪/二輪車用向けに、デファレンシャル/トランスミッションギヤ/プラネタリィ/ボールジョイント/カムシャフト等の開発/製造/販売を行っています。二輪車向けトランスミッションは世界シェア約30%と業界トップクラスの占有率を誇ります(ムサシ調べ)。電動、自動運転といった次世代自動車向けパワートレイン、サスペンション、ステアリング等の商品展開を進める一方、先端AI技術開発によるインダストリー4.0の推進、SDGsの幅広い領域での達成貢献に向けたオープンイノベーション展開等、広く新事業の創出・拡大にも注力しています。
Musashi Web Site:http://www.musashi.co.jp/