HARC-PRO.へのスポンサード終了について

2021年08月31日ニュース

武蔵精密工業株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:大塚浩史)はこのたび、2021年シーズンをもってロードレースチーム「HARC-PRO.」へのスポンサードを終了することを決定いたしました。

当社は2009年シーズンよりHARC-PRO.へのスポンサードを開始し、「MuSASHi RT HARC-PRO.」としてモータースポーツ活動を通じた人財育成や当社の2輪事業のプレゼンス向上に力を注いでまいりました。MuSASHi RT HARC-PRO.は全日本ロードレース選手権に参戦した2009年以降で合計7回のタイトル獲得を果たしたほか、日本最大級のバイクレースである鈴鹿8時間耐久ロードレースでは2010年、2013年、2014年の3勝を挙げました。また、2012年からは当社2輪事業のメイン市場であるアジアでのロードレース普及振興に貢献すべくアジアロードレース選手権に協賛し、2014年からは次世代を担うライダーの育成を行うMusashiスカラシップ活動を開始して将来有望な若手ライダーを続々と輩出しました。

一方、当社は2021年4月に自社の使命(Our Purpose)を「わたしたちはテクノロジーへの"情熱"とイノベーションを生み出す"知恵"をあわせて、人と環境が"調和"した豊かな地球社会の実現に貢献します」と策定しました。また、当社の創業100周年となる2038年をゴールとしたムサシ100年ビジョン「Go Far Beyond! 枠を壊し冒険へ出かけよう!」を同時に発表し、「ムサシカーボンニュートラル宣言」を行いました。

持続可能で豊かな地球社会の実現を目指して、電動モビリティ向け商品の開発や、インダストリー、エネルギー、ウェルビーイングなど新規事業の創出への取り組みに経営資源をより一層集中すべく、今回のスポンサード終了の決断に至りました。

当社では、2021年シーズン終了までMuSASHi RT HARC-PRO.ならびにファンの皆様とともに全力で戦ってまいります。皆さまの変わらぬご声援を、どうぞよろしくお願いいたします。

【ムサシについて】
武蔵精密工業は四輪/二輪車用向けに、電動化や自動運転を見据えた次世代パワートレインならびにステアリング、シャーシ部品の開発/製造/販売を行っています。また、先端AI技術開発によるインダストリー4.0の推進、幅広い領域でのSDGsの達成貢献に向けたエネルギーソリューション事業、農業、植物バイオ事業など、オープンイノベーションの展開により新事業の創出・拡大にも注力しています。
Musashi Web Site:http://www.musashi.co.jp/