株式会社ABEJAとの資本・業務提携に関するお知らせ

2018年06月29日ニュース

 武蔵精密工業株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:大塚浩史、以下ムサシ)は、ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業を展開する株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO兼CTO:岡田陽介、以下ABEJA(アベジャ))と、2018年6月19日に資本提携契約を締結し、ABEJAの実施した第三者割当増資の引き受けを行いました。また、同日に業務提携に関する覚書を締結し、ABEJAの提供する「ABEJA Platform」を活用し生産現場でのイノベーションを実現する「Manufacturing Platform」の商用化に向け、共同開発を行うこととなりましたので、あわせてお知らせいたします。

 ムサシは、2017年6月から10月にかけて行ったABEJAとの協業の中で、「ABEJA Platform」を活用し、ムサシが製造するベベルギアの画像データをAI、特にディープラーニングによって解析する実証実験を行い、不良品を検出する学習済みモデルの構築と自動検査装置への実装に取り組みました。ムサシでは現在、実証実験で構築した自動検査装置を自社工場内に試験的に導入し、精度をさらに高めるべく継続して改良に取り組んでいます。
 この度の業務提携は、ABEJAとの戦略的パートナーシップのもと、両社で協創するAIアルゴリズムと、AIと生産現場・設備を融合する技術をプラットフォーム化することを目的としたものです。完成した「Manufacturing Platform」は、ムサシが保有する世界30箇所の生産拠点および検査・仕分け作業の自動化に課題を持つ製造業界に広く提供し、両社で生産現場のイノベーション促進に取り組みます。


【 株式会社ABEJAについて 】
ABEJAは、蓄積されたビックデータから、人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴量を自動的に抽出する「ディープラーニング」を活用し、多様な業界、シーンにおけるビジネスのイノベーションを促進するベンチャー企業です。2012年の創業時より、国内のAI関連を専門とする大学教員陣と連携し、ディープラーニング技術などの研究を行っており、提供するサービスで用いられるディープラーニングの技術はすべて自社で開発しています。コア技術であるAIプラットフォーム「ABEJA Platform」を活用し、ダイキン工業、武蔵精密工業、コマツ製作所等との協業を実施、各種ソリューションを様々な業界に提供し、100社以上でAIの本番運用を実現しています。また、小売・流通業界、製造業界、インフラ業界向けのパッケージサービス「ABEJA Insight」の提供を行っており、これまで、パルコ、ICI石井スポーツ等、国内大手小売・流通企業を中心に約70社480店舗(2018年5月末時点)以上への導入実績を有します。2017年3月にはシンガポール共和国に現地法人を設立し、ASEANを中心としたグローバル展開も進めています。

会社名: 株式会社 ABEJA
代表者: 代表取締役社長CEO兼CTO 岡田 陽介
所在地: 東京都港区白金1-17-3NBFプラチナタワー10F
資本金: 5,339,974,043円(資本準備金含む)
事業内容: ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業
URL: https://abejainc.com

【 ムサシについて 】
武蔵精密工業は四輪/二輪車用向けに、デファレンシャル/プラネタリィ/ボールジョイント/
カムシャフト等の開発/製造/販売を行っています。二輪車向けトランスミッションは
世界シェア約30%と業界トップクラスの占有率を誇ります(ムサシ調べ)。鍛造から
組み立てまでの一貫生産体制をグローバルに展開。2016年にはドイツの
自動車部品メーカー「HAY」社をグループ化し、幅広いお客様への供給体制を確立しています。

ムサシ HP 
http://www.musashi.co.jp/