武蔵精密工業、第3回 AI・人工知能EXPO出展のお知らせ

2019年01月25日ニュース

 武蔵精密工業株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:大塚浩史)は、2019年4月3日より東京ビッグサイトで開催されます「第3回 AI・人工知能EXPO」に昨年に引き続き出展します。
 今回の出展ではIndustry 4.0に向け、機械と機械・機械と人がリアルタイムでコミュニケーションし、協働を可能にするスマートファクトリーの実現を目指し、AIを活用した画像検査装置や自動搬送車(SDV : Self Driving Vehicle)など、ものづくり現場発のソリューションをご提案します。是非ご来場いただき、当社ブースまで足をお運びください。

<第3回「AI・人工知能EXPO」概要>
・日時:2019年4月3日(水)~5日(金)
・会場:東京ビッグサイト 青海展示棟
・アクセス:
りんかい線「東京テレポート」駅より徒歩2分
ゆりかもめ「青海」駅より徒歩4分
ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅より徒歩6分
・主催者Website:
https://www.ai-expo.jp/

<当社展示内容(予定)>
以下の製造業向けソリューションを出展予定です。
・デファレンシャルギヤ 外観検査システム・・・打痕検出デモ
・溶接ギヤ 外観検査システム・・・スパッタ検出デモ
・工場用自動搬送車(SDV : Self Driving Vehicle)
・AI現場実装用GPU(NVIDIA Jetson)ボックス
・豊橋技術科学大学との共同開発テーマ ポスター展示
(テーマ:深層学習を用いたNG画像の自動生成技術の試み)
※その他詳細は、決定次第随時アップデートいたします。

【ムサシについて】
武蔵精密工業は四輪/二輪車用向けに、デファレンシャル/プラネタリィ/ボールジョイント/
カムシャフト等の開発/製造/販売を行っています。二輪車向けトランスミッションは世界シェア約30%と業界トップクラスの占有率を誇ります(ムサシ調べ)。鍛造から組み立てまでの一貫生産体制をグローバルに展開。「人にはもっと人らしい仕事を」を理念に、AIを製造現場に実装し、ものづくりのイノベーションにも取り組んでいます。
・Website:
http://www.musashi.co.jp/