2017-2018 FIM 世界耐久選手権最終戦 "コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会参戦体制について

2018年06月28日ニュース

武蔵精密工業株式会社 (本社:豊橋市/社長:大塚浩史)がスポンサードするロードレースチーム「MuSASHi RT HARC-PRO.Honda」は、2018年7月26日(木)から29日(日)に、三重県・鈴鹿サーキットにて開催される2017-2018 FIM 世界耐久選手権最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会に 水野涼選手、ドミニク・エガーター選手、パトリック・ジェイコブセン選手を
迎えて参戦します。

水野 涼(JRR JSB1000クラスに同チームより参戦中)

「昨年初めて鈴鹿8耐に参戦しましたが、今年はHARC-PRO.からゼッケン634で参戦できるので、すごく楽しみです。今年からJSB1000クラスに昇格し、普段から自分の乗っているマシン、同じチームで参戦できますが、責任の重さも感じています。最終目標は優勝ですが、毎戦いろいろなことを勉強している最中ですので、まずは表彰台を目指しチーム一丸となり頑張ります。応援よろしくお願いします。」

ドミニク・エガーター(MotoGP Moto2クラスにKiefer Racingより参戦中)

「これまで3年間TSR Hondaから8耐に参戦し、2位、3位と表彰台を獲得することができました。今年は8耐に3回優勝しているHARC-PRO.から参戦できますので、とても楽しみにしています。今年はHondaワークスチームも復活し、またライバルも万全な参戦体制と聞いているので、厳しい戦いになると思いますが、表彰台の頂点を目指してチャレンジします。」

パトリック・ジェイコブセン(WSBにTripleM Honda World Superbike Teamより参戦中)

「今回、鈴鹿8耐での実績が豊富なHARC-PRO.から8耐に参戦できることをとてもうれしく思っています。2016年に初めて鈴鹿8耐に参戦しましたが、そのときは残念ながら良い結果を残せませんでした。当時のパートナーであるドミニク・エガーター選手は、8耐で表彰台の経験もあり心強い限りです。若い水野涼選手とも3人の力を合わせれば、きっと良い結果が残せると信じています。」

ムサシ モータースポーツサイト http://634.musashi.co.jp/

Facebook http://fb.com/359197734281711

Twitter https://twitter.com/mssc_info

<お問合せ> 武蔵精密工業株式会社 サステナビリティグループ TEL : 0532-25-1101

[ムサシについて]
武蔵精密工業は四輪/二輪車用向けに、デファレンシャル/プラネタリィ/ボールジョイント/
カムシャフト等の開発/製造/販売を行っています。二輪車向けトランスミッションは
世界シェア約30%と業界トップクラスの占有率を誇ります(ムサシ調べ)。鍛造から
組み立てまでの一貫生産体制をグローバルに展開。2016年にはドイツの
自動車部品メーカー「HAY」社をグループ化し、幅広いお客様への供給体制を確立しています。