武蔵精密工業、インキュベーションプログラム「東三河 Innovator's Gate 2020」を開催、社内ベンチャー設立を支援

2020年11月04日イベント

武蔵精密工業株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:大塚浩史)は、2020年11月4日より、社会課題を解決する新規事業創出を目指すインキュベーションプログラム「東三河 Innovator’s Gate 2020」を開催いたします。

2017年に社内で開催した「Musashi Innovator's Gate」では、2チームの企業内起業家を生み、現在はグループ会社として法人化し専任で事業に取り組んでいます。東三河の周辺企業からも参加チームを募集して「東三河 Innovator's Gate」とした昨年に引き続き、今回も全4企業・5チームが参加し、相互に交流、切磋琢磨しながら新規事業の創出を目指します。
前回の開催から1年、今年は新型コロナウイルスにより地球社会が大きな影響を受けました。今回はその急激な世の中の変化を捉え、社会課題を解決する新たな事業を創造することに注力します。

また、新型コロナウイルスの感染対策に加え、よりスピーディーかつ効率的に取り組むため、オンラインを活用してワークショップやメンタリングを実施していきます。

参加企業から選抜された参加者は3人1チームとなり、約4ヵ月の間で仮説検証を繰り返しながらビジネスモデルを構築します。ファイナルデモデイ(2021年2月予定)では、各参加企業のトップと外部のベンチャーキャピタルなどが将来性をみて、事業化するかを判断します。

開催場所はMUSASHi Innovation Lab CLUE(豊橋駅前にある複合商業施設ココラアベニュー3F、住所:愛知県豊橋市駅前大通一丁目135番地)で、同施設は、東三河全体でベンチャー立ち上げの機運を盛り上げるため、2018年12月にオープンいたしました。企業内起業家や個人起業家、学生など、イノベーションに挑戦する多様な人々が集い、新しい価値を創出して、事業化に向けプロジェクトを進める場です。

今後も、社内ベンチャーの設立支援を通じて、地域全体で社会課題の解決に向けた新規事業の創出を活性化していきます。

■「東三河 Innovator's Gate 2020」参加企業:
株式会社エフ・シー・シー、ひまわり農業協同組合、サーラグループ、武蔵精密工業

■MUSASHi Innovation Lab CLUE Website:
http://www.musashi.co.jp/clue/

【ムサシについて】
武蔵精密工業は四輪/二輪車用向けに、デファレンシャル/トランスミッションギヤ/プラネタリィ/ボールジョイント/カムシャフト等の開発/製造/販売を行っています。二輪車向けトランスミッションは世界シェア約30%と業界トップクラスの占有率を誇ります(ムサシ調べ)。
電動、自動運転といった次世代自動車向けパワートレイン、サスペンション、ステアリング等の商品展開を進める一方、先端AI技術開発によるインダストリー4.0の推進、SDGsの幅広い領域での達成貢献に向けたオープンイノベーション展開等、広く新事業の創出・拡大にも注力しています。
Musashi Web Site: http://www.musashi.co.jp/