武蔵エナジーソリューションズ株式会社、メディア掲載のお知らせ

2021年03月24日メディア

武蔵精密工業株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:大塚浩史、以下ムサシ)のグループ会社である武蔵エナジーソリューションズ株式会社(本社:山梨県北杜市、代表取締役社長:髙橋航史)が、日刊自動車新聞電子版、日刊工業新聞オンライン、化学工業日報にて取り上げられました。

日刊自動車新聞電子版
武蔵精密工業、LiBとLiCの「ハイブリッドバッテリー」開発 EVバイク向け受注開拓
https://www.netdenjd.com/articles/-/246077

日刊工業新聞オンライン
武蔵精密、「ハイブリッドバッテリー」開発 急速充放電・高容量両立
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/590231

化学工業日報
武蔵精密工業、LiBとLiC融合、高容量・高出力で高温対応
https://www.chemicaldaily.co.jp/%e6%ad%a6%e8%94%b5%e7%b2%be%e5%af%86%e5%b7%a5%e6%a5%ad%e3%80%81%ef%bd%8c%ef%bd%89%ef%bd%82%e3%81%a8%ef%bd%8c%ef%bd%89%ef%bd%83%e8%9e%8d%e5%90%88%e3%80%81%e9%ab%98%e5%ae%b9%e9%87%8f%e3%83%bb%e9%ab%98/

武蔵エナジーソリューションズはカーボンニュートラル社会の実現に向け注目が集まるリチウムイオンキャパシタ(LIC)の開発、製造、販売を手掛けています。LICは高出力、長寿命、高い安全性などを特長に持つサステナブルな蓄電デバイスです。ムサシではSDV(Self-Driving Vehicle、自動搬送機)や、燃料電池、再生可能エネルギーといった分野でのLICの活用に向けた取り組みを進めております。

【武蔵エナジーソリューションズについて】
武蔵エナジーソリューションズは、世界に先駆けてリチウムイオンキャパシタ(以下LIC)の量産を開始したパイオニアです。LICは高出力、長寿命、高い安全性などの特長を有しており、二輪車、四輪車といったモビリティの電動化や再生可能エネルギー活用の促進が求められるカーボンニュートラル社会の実現に向けて、飛躍が期待されるサステナブルなエネルギーデバイスです。
武蔵エナジーソリューションズ Web Site: https://www.musashi-es.co.jp/

【ムサシについて】
武蔵精密工業は四輪/二輪車用向けに、デファレンシャル/トランスミッションギヤ/プラネタリィ/ボールジョイント/カムシャフト等の開発/製造/販売を行っています。二輪車向けトランスミッションは世界シェア約30%と業界トップクラスの占有率を誇ります(ムサシ調べ)。電動、自動運転といった次世代自動車向けパワートレイン、サスペンション、ステアリング等の商品展開を進める一方、先端AI技術開発によるインダストリー4.0の推進、SDGsの幅広い領域での達成貢献に向けたオープンイノベーション展開等、広く新事業の創出・拡大にも注力しています。
Musashi Web Site: http://www.musashi.co.jp/