コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスの
基本的な考え方と体制

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

ムサシグループは、企業活動を展開するにあたり、「創業の精神」「社是」「行動指針」によって構成される「ムサシフィロソフィー」を基軸に、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図るため「ムサシコーポレートガバナンス基本方針」を定め、経営の最重要課題と位置づけて、コーポレート・ガバナンスの充実に取り組んでいます。

ムサシのコーポレートガバナンス

当グループでは、コーポレートガバナンスの充実を経営の最重要課題の一つと位置づけています。2015年10月には、東京証券取引所より発行された「コーポレートガバナンス・コード」の各原則の趣旨を踏まえたうえで、当社の取り組み方針を明確にした「ムサシコーポレートガバナンス基本方針」を制定しました。
国内外のステークホルダーの皆様の期待に応えるため、コーポレートガバナンスの更なる充実を図り、会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に努めています。

コーポレートガバナンスの体制について

当社は、監査等委員会設置会社を採用しています。これにより、職務執行に対する取締役の監査・監督機能を強化するとともに、監査等委員である取締役を含む社外取締役が、取締役会における意思決定に参画することで、経営の透明性・健全性を高めています。
また、取締役会の決議事項の一部を経営会議等に権限委譲することにより、迅速な意思決定と業務執行をおこない、 経営判断の機動性を高めています。

「基本方針」など、より詳細な情報についてはこちらをご覧ください。